ライフプラン作りの基礎知識

定年

⇒「定年」 その他の質問はこちら

Q.定年後に同じ会社で再雇用してもらうと年金支給はどうなりますか?

A.在職中は給料によって、年金の受取り額が変わってきます。

老齢基礎年金の受給資格があり、厚生年金の加入期間が1年以上あると、生年月日によって60歳〜64歳まで特別 支給の老齢厚生年金を受けられますが、給料の額によって年金の受取り額が変わってきます。まず、在職中は年金額が一律2割カットになります。また、給料と年金額の合計が22万円を超えると、超えた給料分の半額が年金から引かれ(支給停止)ます。さらに、給料が34万円を超えると年金の支給停止の額が多くなります。

要するに、給料が高いほど、受けられる年金は減るしくみになっています。しかし、場合によっては年金が全額支給停止となる場合もあります。在職老齢年金を受けながら、同時に厚生年金に加入する場合は保険料を払うので、その分65歳から受ける老齢厚生年金の額が増えることになります。なお、年金制度は生年月日や加入歴によって、色々と条件が異なる場合がありますので注意しましょう。又、今回の年金改正で平成14年4月から65歳以降も69歳まで、厚生年金等の会社に勤めている場合は給料年金の額の調整が行われることになりました。

⇒「定年」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。