ライフプラン作りの基礎知識

死亡・葬儀

⇒「死亡・葬儀」 その他の質問はこちら

Q.親が借金を残して亡くなったのですが、払わないといけないのでしょうか?

A.借金の方が多い場合には相続の開始を知った時点から3ヶ月以内であれば、相続放棄することができます。

葬儀も終えて一段落してから相続のために資産をよくよく調べてみると、何と残されているのは借金ばかり−−なんてこともあり得ない話ではありません。この借金も当然のことながら相続財産になります。不動産や動産、現金などのプラスの財産ともに、借金というマイナスの財産も合わせて受け取るのが相続なのです。

ですから、プラスの財産が多いときには相続を前提に家族などでよく話し合って遺産分割などを行なえばいいのですが、マイナスのほうが多い場合には相続を放棄することができます。家庭裁判所に相続放棄の申請を行なって承認されれば、借金を受け継ぐ義務はなくなります。通常の相続では法定相続人が亡くなっているとその子が「代襲相続」できますが、相続放棄が認められれば、その相続人は初めから相続人にならなかったとみなされるたため、放棄した人の子どもに相続権が回ることはありません。

この相続放棄は相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に家庭裁判所に申請を行なう必要があります。相続があったことは知っていても、自分より優先順位 が高い人が相続放棄した結果、自分が相続人になったといった場合には、自分が相続人になったことを知ったときから3か月以内になります。

⇒「死亡・葬儀」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。