ライフプラン作りの基礎知識

死亡・葬儀

⇒「死亡・葬儀」 その他の質問はこちら

Q.遺産の分け方は法律で決められているのですか?

A.遺言があれば遺言に従うことになりますが、法定相続人には遺留分を請求する権利があります。

亡くなった人が生前に作成していた遺言があれば、遺言に従って相続を行なう「指定相続」になりますが、遺言がなければ法律に従って相続を行なうことになります。これを「法定相続」と呼びます。

遺言では誰を相続人に指定してもかまわないのですが、配偶者、子どもや孫、親・祖父母に関しては「遺留分」が定められています。遺留分というのは最低限相続人に残さなければならない遺産の割合のことで、配偶者、子どもや孫は2分の1、親・祖父母の場合は3分の1で、兄弟姉妹には遺留分はありません。ですから、配偶者や子どもがいるのに、遺産の全部を第三者に相続させると遺言しても、配偶者や子どもはもともと相続するはずだった遺産の2分の1は相続する権利があることになります。

遺言がないときには、法律に従って遺産を相続することになります。この場合の相続する権利がある人を「法定相続人」と呼びます。亡くなった人との関係から相続順位が決められていて、まず配偶者は常に相続人になります。この配偶者を除いた第一順位が子ども(亡くなっている場合には孫)の直系卑属で、第二順位が父母・祖父母の直系尊属、第三順位 が兄弟姉妹(亡くなっている場合には甥姪)になります。

どのように相続するのかはどのような相続人がいるかで違ってきます。配偶者と第一順位の相続人の場合には、配偶者が2分の1で、子どもが残りの2分の1を等分に分けることになります。子どもがなく、配偶者と第二順位の場合には、配偶者が3分の2で、親や祖父母が残りの3分の1を分けることになります。配偶者と第三順位 の場合には、配偶者が4分の3で、残りの4分の1を兄弟姉妹(亡くなっているときには甥姪)が分けるわけです。ただし、先にも触れたように兄弟姉妹には遺留分はないので、配偶者に遺産の全部を相続されるように遺言を作成しておけば、兄弟姉妹は相続できないことになります。

⇒「死亡・葬儀」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。