ライフプラン作りの基礎知識

死亡・葬儀

⇒「死亡・葬儀」 その他の質問はこちら

Q.死亡保険金に税金はかかりますか?

A.保険金から法定相続人の人数×500万円を差し引いた金額が相続財産に加算されます。

夫が契約者、被保険者で妻や子どもが保険金の受取人である場合からみましょう。夫が亡くなって妻や子どもが保険金を受け取る場合、民法では保険金は妻の固有財産となります。しかし、相続税法では生命保険金も相続財産と見なして相続税の課税対象にするという規定があり、残念ながら税金の対象になります。

ただ、この生命保険金は残された家族の生活保障のためのお金という意味合いが強いため、税金の軽減措置が図られています。妻や子どもなどの相続人が受け取った保険金は、法定相続人1人当たり500万円の非課税枠が設定されているのです。たとえば、相続人が妻と2人の子どもの合計3人である場合には、受け取った保険金のうち1,500万円までは非課税扱いになり、残りの金額が相続財産となり、相続税の対象になります。もちろん、相続税にも非課税枠がありますから、その他の相続財産と合わせた金額が非課税枠内にとどまっている場合には、結果 的に税金がかからないケースも出てきます。

これは、妻が契約者、被保険者で夫が受取人である場合も同じですが、夫が契約者で、妻を被保険者にして夫が保険金の受取人になっているときには事情が違ってきます。このケースでは一時所得扱いになるのです。死亡保険金から払込保険料とさらに50万円の特別 控除額を差し引いた金額を2分の1した金額を給与所得などに加えて所得税と住民税がかかってくることになります。

⇒「死亡・葬儀」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。