ライフプラン作りの基礎知識

就職

⇒「就職」 その他の質問はこちら

Q.社会人になったら、生命保険には入るべきでしょうか。

A.高額の死亡保障よりも、病気やけがに備えた医療保険には加入しておいたほうが安心。

ご両親を扶養されている場合を除き、自分が亡くなった後に困る人がいない場合は、高額の死亡保障は要りません。生命保険は、自分が亡くなった場合に、残された人が生活に困る分だけ加入すべきものだからです。

そして、現在すでに貯蓄が年収分くらいある場合は、病気やケガに備える医療保険に加入する程度で良いでしょう。ただし、自分以外の人の生活を支えていないとしても、貯蓄がまったくない場合は、亡くなった後まで両親にお葬式代などの負担をかけさせないためにも、300〜500万円程度の死亡保障は確保しておくべきでしょう。医療保障とともに、病気やけがに備えた医療保障も1日5000円程度は確保しておきましょう。

最近は、300〜500万円程度の死亡保障と1日5000円から7000円程度の医療保障がセットされ、しかも保険料が手頃なセット保険が発売されています。こうした保険は、通信販売で加入できるものが多いので、マネー雑誌の保険特集などを参考にして、比較検討してみると良いでしょう。

そして生命保険は、ライフスタイルの変化に応じて見直すものですから、将来的に結婚したり、お子さんが生まれた時点で、奥様やお子さんに対して死亡保障の必要性が出てきます。守るべき人ができた時点で、死亡保障を増額する方法を考えましょう。その際も医療保障については、継続して確保しておく必要があるでしょう。

⇒「就職」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。