ライフプラン作りの基礎知識

失業

⇒「失業」 その他の質問はこちら

Q.嘱託で働いていた先をリストラされたのですが、失業手当と年金の両方をもらえますか?

A.昭和13年4月1日以前に生まれた人は両方をもらえるケースもありますが、求職をすることが条件です。

一般的に、60歳から64歳までは特殊な期間で、嘱託などで働いている間は、もらっている給料によって在職老齢年金として特別 支給の老齢厚生年金の最高8割まで(給料が高いほど減額される)受けられ、さらに雇用保険の高年齢雇用継続給付が、条件により支給されます。

しかし、昭和13年4月2日以降に生まれた人が、65歳未満で退職者した場合は、就職活動をすると雇用保険の基本手当が条件により受けられ、その間の老齢厚生年金は受けられません。また、就職活動をしない場合は雇用保険の基本手当を受けることはできず、64歳まで特別 支給の老齢厚生年金を受給し、65歳から老齢厚生年金と老齢基礎年金を受給することになります。要するに、どちらか1つを選ぶことになります。

但し、今回の年金改正で、平成14年4月以降は65歳以降も69歳までの間は、働いていると給料によって年金額が減額などの調整を受ける事になりました。

⇒「失業」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。