ライフプラン作りの基礎知識

災害

⇒「災害」 その他の質問はこちら

Q.火災保険に入っていても地震のときは何ももらえない?

A.火災保険だけでは保険金額の5%の補償しか受けられないので、地震保険にも加入しておくと安心です。

阪神大震災の例に見られるように、地震に伴って火災が発生した場合には、火災保険の種類にもよりますが、保険金額×5%の補償があります。ただし、その条件としては、建物の場合は半焼以上、家財の場合は全焼または収容建物が半焼以上となっています。しかし、建物が半焼したということは、焼け残った部分は放水によって住めない状態であると想像でき、それに対し保険金額×5%とはありがたみ半減といったところでしょう。

関東大震災が起こった時代は、すべてが木造という家が多かったので、いったん発生した火事が風にあおられてどんどん広がったわけですが、現在は、鉄筋コンクリート系の建物や木造でも燃えにくい建材が部分的に使われたりしていますので、むしろ倒壊による損害のほうを心配すべきかも知れません。その点地震保険は、地震・噴火および、これらに伴う津波が引き起こした火災・損壊・埋没・流失などを補償するものですから、加入しておいたほうが安心といえます。木造ですと、保険料がかなり高くなるのがつらいところですが、地震保険は、住宅火災保険、住宅総合保険、団地保険などに付帯して付けます。その付け方は、建物・家財それぞれの保険金額の30〜50%の範囲内で地震保険の保険金額を定めますが、建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度となります。

このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。
ご不明な点等がある場合には、弊社までお問い合わせください。

⇒「災害」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。