ライフプラン作りの基礎知識

離婚

⇒「離婚」 その他の質問はこちら

Q.財産分与と慰謝料の違い、財産分与の相場を教えてください。

A.婚姻期間や財産の額などによって違ってきます。

先に触れたように「慰謝料」というのは、夫婦どちらかの側に明確な責任が認められたときに、それを償う意味で支払われるもの。ですから、責任が明確にならない場合には請求しても慰謝料が認められないことも多いのです。

これに対して「財産分与」というのは夫婦で築いてきた財産を財産形成への寄与度に応じて分けることを指します。慰謝料は取れない場合でも、この財産分与は必ず主張することができます。極端な場合、夫婦のどちらかに不貞などの明確な責任がある場合でも、財産分与は認められるのがふつうです。

この財産分与はあくまでも婚姻期間中に築いた財産が対象ですから、どちらかが親から相続した財産、結婚前の預金などは対象になりません。相手の親からの相続財産を財産分与のアテにはできないわけです。ただし、結婚後に作った銀行口座の名義が夫単独であっても、その口座の現金は対象になります。結婚後に買ったマイホームが夫だけの名義であっても同様です。妻は専業主婦であったとしても、妻の家庭での寄与があってこそ夫の収入が確保できるのですから、それは当然のことでしょう。

問題は、それぞれの寄与度をどのように評価するのかですが、判例からみれば、一般的なサラリーマン家庭の場合で妻の寄与度は30%から50%程度、商店などを夫婦で切り盛りしている場合で50%前後、小料理屋や旅館のように女将が中心の家業の場合では妻の寄与度を50%以上とするケースもあります。

形成された資産は婚姻期間によって違ってきますから、どれくらいの財産分与額になるのかも違ってきます。判例の平均値は、婚姻期間3年以上10年未満が約217 万円、10年以上20年未満が約390 万円、20年以上が約631 万円となっています。

⇒「離婚」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。