ライフプラン作りの基礎知識

離婚

⇒「離婚」 その他の質問はこちら

Q.どんなときに慰謝料を請求することができるでしょうか?

A.相手側に明らかな責任がある場合には請求できることがあります。

特に女性の方のなかには、離婚するときには必ず慰謝料を貰えると思っている人がいるようですが、これはたいへんな間違いです。慰謝料というのは、他人の故意または過失によって権利が侵害されたときに損害賠償を求めることができるという民法の規程に基づいています。したがって、慰謝料を請求できるのは、相手側に不貞、遺棄、暴力などの原因があり、責任が明確な場合に限られます。

浮気をして帰ってこない、お金を入れない、暴力を振るうなどのケースがこれにあてはまりますが、離婚の際によく使われる「性格の不一致」や嫁姑の争いなどの場合には第三者からみれば、どちらに責任があるのかは必ずしも明確になりません。こうした理由で慰謝料を請求しても、なかなか認めて貰えないのが現実のようです。

では、どれくらの慰謝料になるのかといえば、裁判所の判例をみると、一般サラリーマン家庭の場合には200万円から300万円程度の範囲に落ちつくことが多いようです。芸能界やスポーツ選手などのように何億円といった慰謝料が話題になることもありますが、それはあくまでも例外。不貞や暴力などに対する慰謝料がその程度では納得できないという人も少なくないかもしれませんが、残念ながらこれが相場なのです。

⇒「離婚」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。