ライフプラン作りの基礎知識

離婚

⇒「離婚」 その他の質問はこちら

Q.離婚の交渉や裁判を弁護士に依頼するときには、どれくらいの費用がかかるのですか?

A.交渉や調停なら40万円から100万円、裁判なら60万円から120万円はみておいてください。

弁護士の報酬は日本弁護士会の報酬等基準規程をもとに、各地の弁護士会が地域性などを考慮して決めることになっています。それによると、離婚の相談だけなら30分で5000円から1万円の範囲です。まずは知り合いの紹介などで弁護士を訪ねて相談するのが一番です。知り合いが見つからない場合には、各地の弁護士会に問い合わせれば紹介してもらうことができます。

相談だけではなく、離婚の交渉や調停を依頼するとなるともちろん別途費用が必要になります。これも各地の弁護士会によって異なりますが、交渉や調停の場合には着手金と報酬金がそれぞれ20万円から50万円の範囲内となっています。つまり、依頼するときに20万円から50万円、決着がついたあとにやはり20万円から50万円が必要になるわけです。そのほか交通費などの実費がかかります。また、裁判になった場合には、この着手金と報酬金の金額がそれぞれ30万円から60万円にアップします。合計すると60万円から120万円の範囲です。ここでもやはり交通費などの実費が別途必要になります。ただし、財産分与や慰謝料などのやりとりがあるケースでは、上の規程にとどまらずに、経済的報酬に応じた着手金や報酬金を求められることもあります。弁護士に依頼するときには、事前にいくらぐらいの費用がかかるのかを確認しておくようにしておきましょう。

⇒「離婚」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。