ライフプラン作りの基礎知識

離婚

⇒「離婚」 その他の質問はこちら

Q.養育費の支払いが滞ったときにはどうすればいいのでしょうか?

A.口約束だけでは不安。公正証書を作成しておくのが安心

協議離婚で養育費の支払いも口約束だけの場合には、支払いが滞ったときには自分自身で支払いを催促するしかありません。それがダメなときには、家庭裁判所に養育費請求の調停・審判の申し立てを行なうことになります。この調停や審判の結果には強制執行力がありますから、相手が応じないときには給料の差し押さえなどの措置を取ることができます。しかし、いきなりそんな乱暴な措置を取ると相手は職場に居づらくなり、失業していっそう支払いが困難になります。ですから、その前に調停や審判の結果に基づいて裁判所に「履行勧告」「履行命令」を出してもらうのが無難です。これは裁判所から相手に支払いの履行を促してもらうもので、これで半数以上の人は支払いに応じるようになるそうです。それでもダメなときに強制執行ということになります。

いずれにしてもそうならないように、協議離婚であっても養育費などのお金の問題に関しては、公証人役場に出向いて公正証書を作成しておくのが安心です。これは調停や審判の結果 と同様の強制執行力を持つので万一のトラブルを事前に防ぐことにつながります。

⇒「離婚」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。