ライフプラン作りの基礎知識

離婚

⇒「離婚」 その他の質問はこちら

Q.子どもが小さいので養育費を貰いたいのですが、どれくらい貰えるのでしょうか?

A.子どもが1人で月々2万円超4万円以下、2人で4万円超6万円以下が多いようです。

子どもの親権を夫婦どちらが持つにしても、父親・母親ともに子どもの生活費、教育費、医療費などを分担して負う必要があるのはいうまでもありません。親権を持つ親に対して、そうでない親が養育費を支払うのは当然のことです。

養育費がいくらなのかはそれぞれの家庭環境、収入などによって違ってくるので相場がこうと決めつけることはできませんが、裁判所の統計では子どもが1人の場合には毎月2万円超4万円以下の場合がもっとも多く、2人の場合は4万円超6万円以下がいちばん多くなっています。これが一つの目安になるでしょう。親権を持つ親の立場からすると、子どもを有名私立幼稚園や小学校などに入れたいと思うこともあろうかと思いますが、だからといって毎月10万円、20万円の養育費を求めても、一般の家庭であれば簡単には認められません。他方、子どもが高度医療が求められる病気にかかっている場合などには高額医療費が欠かせませんから、養育費が高額になることもあります。

⇒「離婚」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。