ライフプラン作りの基礎知識

教育

⇒「教育」 その他の質問はこちら

Q.子どもにかかる教育費を上手に準備する方法を教えてください。

A.できるだけお子さんが小さいうちから、教育資金の準備をスタートさせることが大切です。

お子さんにかかる教育費は、お子さんの年齢が上がるにつれて、負担が重くなっていくという特徴を持っています。そのため、できるだけお子さんが小さく、教育資金がかからないうちから、将来かかるであろう教育費を前倒しで準備しておくことが大切になります。

教育資金の準備法としてポピュラーなのは、0〜2歳程度のお子さんをお持ちのご家庭ではこども保険に加入する方法です。こども保険は、月払い、あるいは年払いなどで保険料を払うと、18歳や22歳などの満期時にまとまった保険金が受け取れるほか、小学校、中学校、高校などの入学時期にお祝い金が受け取れるタイプのこども保険もあります。

こども保険に加入する場合でも、入学時期以外は貯蓄でまかなうしかないので、貯蓄と並行して教育資金を準備する必要があります。

また、こども保険には加入せず、貯蓄などで準備する場合も、できるだけお子さんが小さいうちから、自動的に積み立てられる金融商品を利用して教育資金を貯めていきましょう。教育資金を貯めるのに向いた金融商品としては、給料からの天引きで貯められる一般 財形貯蓄や、証券会社で扱っている公社債投信、積立投信(投資信託の自動積み立て)などが挙げられます。

いずれにしても教育資金は、必要な時期が決まっているだけに、1か月でも早く貯めはじめることが、月々の積み立て額を楽にする確実な方法といえます。

⇒「教育」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。