ライフプラン作りの基礎知識

病気・怪我

⇒「病気・怪我」 その他の質問はこちら

Q.入院したとき給付金をたくさんもらえるようにしたいのですが。

A.主契約の保険金額によって加入できる金額が決まっていたり、保険料がかさむことも知っておきましょう。

生命保険の医療特約である災害入院特約や疾病入院特約の給付金日額は、いくらでも好きな金額を付けられるわけではありません。保険種類、主契約の保険金額、支払条件などによってだいたいの上限が決まっています。例えば、5,000円の給付金日額が欲しければ、大雑把に言って終身保険なら300〜500万の保険金額の設定が必要でしょう。

傷害保険の場合はもっとはっきりしていて、入院保険金日額は死亡・後遺傷害保険金額の1,000分の1.5以内、通院保険金日額は入院保険金日額の3分の2以内となっています。ですから、入院で15,000円、通院で10,000円支払われるようにするには、死亡・傷害保険金額を5,000万円にしなければなりません。

傷害保険でしたら、保険金額が5,000万でも保険料負担はそれほど重くありませんが、生命保険の場合は、年齢によってはかなり家計を圧迫しそうです。そこで、入院給付金日額を、支出を抑えて増やしたいという方は、共済などの医療保障に重点を置いたタイプのものを検討してみたらいかがでしょうか。生協が組合員向けに販売している共済商品などは、年齢に関係なく保険料が一律というものもあり、その場合は加入できる年齢の範囲内なら、高齢の方ほど割安感を得られるでしょう。

ちなみに、入院給付金日額はどのくらい必要かと言えば、サラリーマンの方ですと、いざというとき傷病手当金の支給がありますから5,000〜7,000円くらい、自営業の方は入院中の収入減を考えて1万円程度手当てしておくと安心です 。

⇒「病気・怪我」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。