ライフプラン作りの基礎知識

病気・怪我

⇒「病気・怪我」 その他の質問はこちら

Q.三大疾病保障保険って、どんな保険ですか?

A.がん、急性心筋梗塞、脳卒中にかかった場合、生きている間に保険金が受け取れる保険です。

三大疾病保障保険とは、がん、急性心筋梗塞、脳卒中と診断された場合、保険金を生きているあいだに受け取れる保険のことをいいます。がんの場合は診断を受けた時点で、急性心筋梗塞と脳卒中は、60日間所定の状況が続いたと認められた場合に、生前給付の保険金が受け取れます。

この三大疾病保障保険は、単独で加入できるものと、特約として定期付終身保険などに付加するタイプがあります。また三大疾病以外の病気にかかって亡くなった場合は、亡くなった後に、生前給付と同じ保険金が受け取れます。

この三大疾病保障保険に加入するかどうかですが、保険料は死亡した場合のみ保険金が受け取れるふつうの保険よりも、割高な設定になっています。そのため、必要な死亡保障額を得てもなお、保険料支払いに余裕のあるご家庭が加入を検討する保険と言えるでしょう。

⇒「病気・怪我」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。