ライフプラン作りの基礎知識

病気・怪我

⇒「病気・怪我」 その他の質問はこちら

Q.病気で長期間仕事ができなくなったときに補償はありますか?

A.病気やケガで会社を休んでも、給料の60%の傷病手当金が最長1年6ヶ月支給されます。

病気やケガで仕事ができず会社を休むことになったら…と想像すると生活面には不安なことだらけ。しかもそれがほんの数日ならいいのですが、長期になると有給を使い果たしてしまう心配もあります。特に働き盛りの方の長期入院は、家族のことを考えるとストレスでますます病気が悪くなるような気さえしてくるのではないでしょうか。そんなとき、会社で加入している健康保険なら傷病手当金が出ます。

傷病手当金は、療養のため続けて4日以上仕事を休んだ場合、3日間を待機期間とし、4日目から支給が始まり、最長1年6ヶ月間支給されます。支給される金額は、休業一日につき標準報酬日額(標準報酬月額を30で割ったもの)の60%ですが、お給料が全く支給されない、あるいは支給されても傷病手当金より少ない場合(60%との差額分のみ支給される)に限られます。傷病手当金の申請は、本人や家族でもできますが、医師の証明と会社の証明が必要です。

しかし残念なことに、国民健康保険では通常この手当金の給付がありませんから、ご心配な方は、損害保険の所得補償保険などに加入しておくことをお勧めします。この保険は、普通の生命保険や傷害保険と違い、医師が必要と認めた自宅療養で就労不能であっても、一日当たりいくらいくらと決めた金額が支払われます。しかも、保険金の支払いが一年間なかったときは、保険料の20%が戻るという仕組みになっています。

⇒「病気・怪我」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。