ライフプラン作りの基礎知識

病気・怪我

⇒「病気・怪我」 その他の質問はこちら

Q.健康保険証が使えないケガもあるそうですが。

A.労災の適用になるケガは労災保険のほうが優先されます。

ケガで病院に行くと、どういう状況でケガをしたのか、しつこく聞かれることがあります。その結果「労災事故だから健康保険は使えません。」と言われたりします。労災事故とは、労災給付の対象となる事故ですが、仕事に起因するケガや病気、通 勤途中におけるケガも労災保険が適用されます。

労災保険が適用されると、健康保険と違って治療費の自己負担分がなくなります。通勤途中の災害については、最高200円の一部負担がありますが。但し、労災の指定病院でない場合には一時的に立て替えが必要となる場合があります。さらに、4日以上会社を休んで給料が支給されないときは休業(補償)給付、1年6ヶ月たっても治らないときは傷病(補償)年金、障害が残ったときは障害(補償)給付、万が一のとき遺族には遺族(補償)給付と、厚い保償が受けられます。

次に、交通事故によるケガの場合です。人によっては、健康保険証は使えないという思い込みがあるようですが、病院の窓口で頑固に拒まれないのであれば、保険証での診療をしてもらうことをお勧めします。というのは、交通事故の場合は、お互いの過失割合などでもめて保険金の支払い決定が長引くのが常ですから、その間の入院・治療費の額によって、百パーセント自己負担はかなりきついものがあります。示談が成立して、事故の相手側が払ってくれた損害賠償金が、病院の請求書より少ない場合も考えられますので、保険診療が出来るのであれば利用しましょう。

⇒「病気・怪我」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。