ライフプラン作りの基礎知識

住宅

⇒「住宅」 その他の質問はこちら

Q.固定金利選択型と変動金利型はどっちがおトク?

A.金利の上がり方の予測に応じて、固定金利選択型の期間を選びましょう。

公的融資は原則的に固定金利型ですが、銀行ローンには変動金利型と固定金利選択型があります。変動金利型というのは、市中の金利動向に応じてローン金利が変動します。ただし、あまり頻繁に返済額が変わると計画を立てにくいので、返済額の見直しは5年に1度になっています。金利が上がったときでも増額は25%までにとどめることになっています。金利が大きく上昇すると未払い利息が発生し、最悪の場合には予定の完済時になっても元金が残ることもあり得ます。一方、固定金利選択型というのは、2年、3年、5年、7年、10年、20年などの特約期間中の金利は変わりませんが、その特約期間終了時にはその時点の金利で再び固定金利選択型を選ぶか変動金利型に切り換えるかを選択する仕組みです。特約期間が短いほど金利が低く、長いほど高くなります。

どちらがトクなのか、それは今後の金利変化をどう見るかによって考え方が分かれます。たとえば、今後は金利が上がるにしてもそう大きく上がることはないと考えるのなら、金利の低い変動金利型が得策でしょう。あるいは変動金利型より金利の低い固定金利選択型2年ものを繰り返し使っていく方法が考えられます。ただし、この場合、予想以上に金利が上がりそうになったときには、繰り上げ返済を行なう、思い切って長期の固定金利選択型に切り換えるなどの臨機応変な対応が求められます。これに対して、金利上昇リスクが大きいと考えるなら、10年以上の特約期間を利用するのが無難。両者の中間をとって、特約期間5年を利用し、金利の高い10年ものを利用したときと同じ返済額にして、返済期間をできるだけ短くするといった対応なども考えられます。

⇒「住宅」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。