ライフプラン作りの基礎知識

住宅

⇒「住宅」 その他の質問はこちら

Q.共有名義のメリットとデメリットを教えて?

A.お金を出した割合で登記するのが原則ですが、共有名義には税制面 でのメリットもあります。

マイホームは誰がいくらのお金を出したかに応じて持ち分を決めて登記するのが原則です。たとえば、夫名義の預金から頭金を出し、ローンも夫一人の収入から返済していくのであれば、夫の単独名義になります。共有名義にしたほうが何かと得策だからと共有名義にすると、夫から妻に贈与があったとみなされ、贈与税の対象になりかねません。一方、共働きなどで夫婦で協力して購入する場合には、頭金の割合、収入の割合に応じてそれぞれの持ち分を決めて登記するようにすればいいわけです。

仮に1,000万円の頭金で4,000万円の家を買う場合でみましょう。頭金は夫が自分名義の預金と親からの援助で400万円、妻も同様に600万円を出します。残りの3,000万円をローンで買います。共働きの場合、ローンは年収比率に応じて配分します。夫が年収400万円、妻が200万円なら、3,000万円のうち夫は2,000万円、妻は1,000万円の負担ということになります。つまり夫は合計2,400万円、妻が1,600万円ということで夫が6割、妻が4割の比率で登記すればいいわけです。

共有名義にしておくと、将来どちらかが亡くなって相続が発生したときの相続財産総額を減らすことになり、相続税を軽減できます。また、買い換えなどで売却して利益が出たときには所得税の対象になりますが、「居住用財産の3,000万円特別控除」という軽減措置があります。夫婦で建物を共有しているときには、この特例を2人分使えるようになって、6,000万円まで非課税になるわけです。さらに、万一離婚問題などが出てきたときにも、お互いの持ち分が明確になっていれば、財産分与などの話し合いを進めやすいといったメリットもあるかもしれません。共有名義にすると登記費用が多少高くなるといったデメリットはありますが、将来のメリットの大きさを考えると共有名義にしておくのが得策といえるでしょう。

⇒「住宅」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。