ライフプラン作りの基礎知識

住宅

⇒「住宅」 その他の質問はこちら

Q.住宅ローンの借り換えとはどんなこと?

A.金利のより低いローンを借りて、ローンの返済総額を減らそうとする制度です。

自分たちが返済しているローンの金利より新規のローン金利が低くなっているときには、その金利の低いローンに借り換えると毎回の返済額が減少し、完済までの総返済額でもトクすることになります。たとえば、下にあるように5年前に金利5%で3,000万円のローンを借りている人が、いま3%のローンに借り換えることができれば、毎回の返済額を3万円ほども少なくすることができるのです。年間では36万円ですから、実行しない手はありません。

では、どんなときにトクするのでしょうか。

  • 金利差が0.5 %〜1.0 %以上ある
  • 残高が500万円〜1,000万円以上ある
  • 残りの返済期間が10年以上ある

この3つの条件に該当する人は、まず金融機関で相談してみてください。トクする可能性が高くなります。

なお、公庫融資や年金融資などの公的融資は住宅を買うときの融資ですから、借り換えには応じてもらえません。借換先は銀行などの民間ローンになります。このため、新たに事務手数料、保証料などの費用が必要になり、民間ローンでは完全な固定金利型は少ないので、将来金利が上がると多少のリスクがあります。それを踏まえた上で借り換えるようにしてください。

  • 借り換えでトクする例
    ・5年前に平均金利5%で3,000万円借入
     35年返済、ボーナス返済なし
     毎回返済額15万1,406円
     現在の残高2,820万4,210円
  •     ↓
  • ・金利3%のローンに借り換え(諸費用込みで2,880万円)
     30年返済、ボーナス返済なし
     毎回返済額12万1,421円

⇒「住宅」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。