ライフプラン作りの基礎知識

安全・防犯

⇒「安全・防犯」 その他の質問はこちら

Q.緊急通報装置には公的な補助がどれくらい出ますか?

故郷で1人住まいしている母に東京に来てもらいたいと思っていますが、なかなか首をタテに振りません。せめて万一に備えて緊急通報装置を付けたいと思っていますが、公的な補助を受けることができるでしょうか。

A.自治体によっては設置費が無料になります。

緊急通報装置というのは、1人暮らしのお年よりなどを対象にしたもので、自宅に端末機を付けて万一の場合にはそのブザーを押せば緊急通報でき、電話などで確認の上救急車を呼ぶなどの対応を図るシステムです。

これは各種の福祉サービス会社やセキュリティ会社などが実施していますが、緊急通報体制整備事業として市町村単位での補助体制が整いつつあります。これらのシステムを設置する場合には、国が2分の1、都道府県が4分の1、残りの4分の1を市町村が負担するというものです。市町村単位で年齢や健康状態などの条件を設置して、それにあてはまる世帯であれば補助を受けることができるようになります。どこまで補助してくれるのかは市町村にもよります。自己負担がゼロですむところもあれば、数千円程度の負担が必要になるところもあるようです。

いずれにしてもまずはお母様がお住まいになっている市町村役場で確認した上で設置するようにしてください。

⇒「安全・防犯」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。