ライフプラン作りの基礎知識

安全・防犯

⇒「安全・防犯」 その他の質問はこちら

Q.盗難されたクルマが事故を起こしたときはどうなる?

最近クルマの盗難が問題になっていますが、もしも盗まれたクルマが事故を起こした場合には所有者の責任はどうなるのでしょうか。まさか賠償責任を負うことになったりすることはないと思うのですが。

A.管理責任を果していれば責任が問われることはないでしょう。

自動車保険の世界では「運行供用者」ということばがよく使われます。これは、クルマを自分のために運行している人のことですが、問題は盗まれたクルマについて、クルマの所有者が運行供用者としての責任を問われるかどうかという点になってきます。たとえば、誰でも出入りできる駐車場などでドアに鍵をかけずにエンジンキーを放置したまま盗まれて、その直後に盗まれたクルマが事故を起こしたような場合には、運行供用者として責任を問われることがあります。しかし、同じようにエンジンキーを放置したままでも、第三者が自由に出入りできないような場所であれば責任は問われないことが多いようです。盗まれ方によっては、責任を問われることもあり、そうでもない場合もあるわけです。

これは盗難直後のケースですが、盗難からかなりの日数が経過している場合には、一般的には持ち主は運行供用者の立場にはなく、事故の責任が問われることはないと思います。

⇒「安全・防犯」 その他の質問はこちら

⇒ライフプラン作りの基礎知識 トップへ

⇒節約・ライフプラントップへ

保険代理店NTTイフについて

NTTイフは、保険会社からの情報をそのままお客様に提供するのではなく、お客様の身になって、お客様に合った保険商品・サービスをご提案することが最も大切な保険代理店の仕事であると考えています。NTTイフでは自動車保険 比較や自動車保険 見積もりのサービスもご用意しております。